岡田 智秀|まちづくり工学科 スタッフ紹介
Home > スタッフ紹介 > 岡田 智秀

教授
岡田 智秀
博士(工学)

岡田 智秀
日本大学 教員情報
日本大学研究者情報:岡田 智秀
個人(研究室)URL
***
出生年・出身地
1967年(昭和42)年・東京都大田区 
専門
景観まちづくり、地域活性化、ビーチフロントマネジメント
主な研究分野
  • まちを魅力的かつ美しくデザインする研究
  • 縮小社会における地域・都市再生の研究
  • 地方都市を元気にする研究
  • 東北被災地の復興まちづくり
略歴
関東学院高校―日本大学理工学部海洋建築工学科―同大学院理工学研究科海洋建築工学専攻修士課程―同大学院理工学研究科海洋建築工学専攻博士課程。日本大学理工学部助手、同専任講師(途中、米国ハワイ州立大学海洋・地球科学研究所客員研究員)、同准教授を経て、2014年より日本大学理工学部教授、現在に至る。
主な学外・学会活動
  • 国土交通省・農林水産省 海岸景観形成ガイドライン策定 委員
  • 静岡県 三保ノ松原白砂青松保全技術会議/海岸保全基本計画策定委員会 委員
  • 埼玉県 景観アドバイザー
  • 越谷市 景観アドバイザー
  • 流山市 景観アドバイザー
  • いわき市四倉町復興まちづくり 委員
  • 土木学会 景観デザイン委員会 委員 ほか
  • 受賞:日本都市計画学会 年間優秀論文賞、日本沿岸域論文賞
メッセージ

私は、海岸地域から水郷や農村地域そして都市内の中心市街地に至るまで、多様なフィールドを対象として、「景観まちづくり」の実践に取り組んでいます。その魅力は、美しい風景の保全に貢献できたり、情熱あふれる地元住民との出会い、地方都市に元気が与えられることなど、たくさんあります。まちの元気という意味では、東日本大震災で津波被害を受けた福島市内の海岸地域において、「ふくしま海の子元気プロジェクト」と名付けて、地元の子どもたちに海辺の多様なレクリエーションを体験してもらいながら、津波を正 しく理解し、海を恐れない"ふくしまっ子"を育てるプロジェクトも展開しています。また、私が生まれ育った東京都大田区では、今の子どもたちが地元大田区を"誇り高いふるさと"と感じてもらえるような「まちづくり教育」にも取り組んでいます。こうした実践的活動は、いずれも大学生と一緒になって時に悩み、楽しみ、成果を喜び合いながら有意義に取り組んでいます。
 さあ、ぜひあなたも景観まちづくりに参加してみましょう!

ページTOPへもどる

All rights reserve to Department of Town Planning and Design, College of Science and Technology, Nihon University