カリキュラム|日本大学理工学部 まちづくり工学科
Home > カリキュラム

カリキュラム

カリキュラムのねらい

カリキュラムのねらい

地方の自然豊かな農山漁村から中山間地、そして中心市街地といった「まち」という多様な生活空間を学問フィールドとして、「美しさ、楽しさ、安全・安心を探求する"まちの総合デザイン"」を学びのテーマに掲げています。そのため、全国のまちにおいて、地域固有の魅力を生かし輝きを持たせるうえで必要な基本理念、基礎知識、計画・デザイン哲学、工学的手法等を習得します。

※日本大学理工学部のシラバスはこちらからご覧いただけます。
   日本大学理工学部のシラバスを見る

2つの科目群と4つの系列

本学科のカリキュラムは、「エンジニアリング科目群」と「マネジメント科目群」の2つの科目群で構成しています。

「エンジニアリング科目群」では、まちを構成する諸施設の設計法や資格試験に必要な知識を身につけ、「マネジメント科目群」では、まちの美しい風景の保全・創造(景観学系)、訪れたくなる魅力的なまちの創造(観光学系)、人にやさしいまちの創生(福祉学系)という学際的専門分野3系列とともに、安全安心なまちづくりを実現するための手法論・関連法制度・資金調達制度等を学ぶ「総合系」など、全4系列をバランスよく学びます。

また、住民共通のまちづくりビジョン(目標値)構築の必要性から、住民の合意をはぐくむ「まちづくりワークショップ」や、魅力的な空間デザイン力をみがく「都市・地域デザイン演習」なども修得して、実践的能力を養います。

系列図

カリキュラム表

カリキュラム表

履修モデル

まちづくり工学総合履修モデル

都市環境学概論/社会基盤デザイン/構造力学Ⅰ、Ⅱ/都市計画Ⅰ/まちづくり関連法規Ⅰ/都市・地域防災論/市街地整備論/不動産概論/まちづくり事業・制度論/国土・地域計画/地盤力学/建設マネジメント/プランナーのための会計学/まちづくり倫理学 等

景観系専門家養成モデル

景観デザイン演習/景観原論/景観生態学/ウォーターフロント計画/まちづくりワークショップⅠ、Ⅱ/景観まちづくり論/歴史・文化とまちづくり/国土・地域計画/グリーンランドスケープⅠ、Ⅱ/都市・地域デザイン演習/まちづくり倫理学 等

観光系専門家養成モデル

観光原論/リゾート整備計画/ウォーターフロント計画/まちづくりワークショップⅠ、Ⅱ/ユニバーサルデザイン/まちづくり事業・制度論/歴史・文化とまちづくり/観光まちづくり論/都市・地域デザイン演習 等

福祉系専門家養成モデル

福祉のまちづくり/福祉環境実験/ユニバーサルデザイン/地域健康づくり論/地域コミュニケーション論/まちづくり安全工学/住宅・都市のユニバーサルデザイン/住宅・都市のユニバーサルデザイン演習 等
ページTOPへもどる

All rights reserve to Department of Town Planning and Design, College of Science and Technology, Nihon University